お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

【家族·仕事·投資】専業主婦を辞めた後に、やりたい3つのこと。

ご覧いただきありがとうございます。


3月になって、12年ぶりに外に働きに出ました。

手術後なのにもう仕事をはじめてしまって、周りからは心配されてますが、どうしても決まった仕事を逃すわけにはいかないのです・・・。


でもやりくりすれば専業主婦でもいられたのに、どうして働きに出ようと思ったのか。

それには強い動機があります。

①夫婦の関係性を見直し、一から関係を築き直したい
②専門職で収入を得たい
③投資を本格的にやりたい


この3つが私のこれからやりたいこと。働きに出るための動機であり原動力です。

①夫婦の関係性を見直し、一から築き直したい

結婚してから今の不調和な夫婦関係になるような大きな要因はなかったと思います。

ただ、唯一思い当たることが、数年前に夫は仕事が辛い、辞めたいと言っていた時期がありました。私に「仕事をして家計を支えて欲しい」と言い始めたのはこの頃から。ただその時は下の娘が幼稚園に入ったばかりで物理的に働く時間が取れなかったので、学校に入ったら働くという条件で待ってもらいました。

でも私は働きに出ませんでした。自分が働く意味、目的が分からなかったのです。節約すれば家計は何とかなってたし、第一子供たちが学校から帰ってきたらいつもおうちにいて迎えてあげたい。宿題もみてあげられるし、子供の友達もいつでも家に呼んでいつも一緒にいられる。つまり子供が最優先で、夫の希望は無視し続けていたことになります。

その代償は夫が私を無視するという行動で払わされてきました。ちょっと重たい話ですね。

つまりわが家の場合、夫の希望を叶え、私が自立することが解決の糸口になるかもしれません。共働きで収入を得て、夫婦のしこりが溶けるといいなと思ってゆっくり待つことにします。それでも関係が変わらなければ、違う原因があるのかも。その時に考えましょう。

②専門職で収入を得たい

主婦が仕事をしようと思ったときに、在宅でできるものがあるかと求人を探してみるものではないでしょうか。

でも経験もなく、すぐにできるような専門のスキルがないので挫折したうちの一人です。結局私には事務職しか経験がないので、働きに出る方が効率的なんです。

この先専業主婦に戻ることはないとすると、定年に関係なく働き続けることになります。60代はもちろん、元気なら70代でも仕事を続けられるかもしれません。あ、さすがにちょっとイメージが湧かなくなってきた。。。

この先何かしらの理由で働きに出られなくなる可能性は大いにあります。子供の受験、親の介護などですね。働きに出られなくても、そんな時にスキマ時間で安定した収入を得るために視野に入れておきたいのはやっぱり在宅ワーク

在宅ワークできるスキルが欲しいと思うなら、もう時間を無駄にしてる暇はないんだと、40代で仕事を探すようになってからつくづく実感しました。


働きに出ながらでも、在宅で仕事に結び付く勉強をすることはできます。もしかしたら小さい仕事でも始められるかもしれません。諦めなければ、10年後にはWワークでたくさん収入が得られるようになるかもしれません。

最近働き始めた仕事はこの先在宅でもできる可能性があります。Wワークの可能性のある勉強をしながら、しっかり今のスキルを磨いて、チャンスを掴みたいと思います。

③投資を本格的にやりたい

投資をはじめてずっと、お金を大きく動かして株にたくさんの大事な預金使うのが怖かったです。だから株に使う金額を決めて、単元未満株の売買を繰り返して資産を大きくすることなんて考えてませんでした。

でも長期で持ち続けられる、信頼できる銘柄の選択ができるようになったことで、この先単元未満で買った株を買い増しすればいいんだ、と思うように。

でも買い増しをするには今の資金では足りなくなります。資産全体を大きくする必要があります。

投資も、どうせやるなら本格的にやりたい。

仕事をすれば毎月の収入から投資資金へ回せるようになります。

今が投資への将来の姿勢が決まる大事な分岐点だと思っています。自分の目指す投資家の姿を思い描いて、20年後に大きく育った資産を楽しみにしたいです。




モノ、お金、暮らしを整えつつ、手帳に思いついたことを書き込むと、本当にやりたいことが見えてくるものかもしれません。
kiwameru2016.hatenablog.com