お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

ときどき『家族で【共有】できてるかチェック』の必要

ご覧いただきありがとうございます。


私、久しぶりに風邪を引いて寝込んでしまいました。

フラフラの身体にムチを打ちながらも子供の習い事の送迎や買い物、そうじ洗濯と何とか家事をこなし、集中的に寝るときは寝て時間はかかりましたがほぼ回復することができました。

いつも病気をすると思うのですが、他のご家庭では小さいお子さんがいても、お母さんって、ゆっくり寝かせてもらえるのかな?などという愚問です。

モノが見つけられないを解決する

うちはモノが多い方ではありませんが、夫個人のモノはとても多いです。いつも夫は何かを探してイライラしています。そのイライラを見ていると、例え熱があってもとても寝ていられません。

対策として、夫個人の私物はいくらでも探してという感じで、夫のコーナーを2箇所つくりました。子供にも同じように各コーナーをつくり、それぞれで管理してもらってます。

そして共有の必要があるものはコンパクトに一つにまとめました。

通帳、保険証、診察券、マイナンバーカード等重要書類は一つにまとめて管理してます。
f:id:seabird-kitty:20170203084223j:plain

一つにコンパクトにまとめたことで、災害時にさっと持ち出せるようになってます。

これは病気になる以前から共有化できていたので、いざというときでも夫一人で対応できてました。

家事の共有化できてる?

続いて家事の共有化をチェックしたいと思いますが、書きながら反省せざるを得ません。

家事で私以外にできるのは息子のみ。息子が家事分担をしているのが、食器洗いと洗濯物干しと洗濯物を畳むのとお風呂そうじ。これだけできれば十分かと思ってましたが、息子も同時期にインフルエンザで動けなくなり、全ての負担が自分に。これは娘にもお手伝いを覚えてもらうしかない。

ちなみに家事の中でも一番辛かったのは買い出しでした。今後はいざというときのインターネット宅配を日頃から利用できるようにしておこうと思います。


家事の共有化がもう少しできていれば、もっとゆっくり休めて早く治っていたかもしれませんが、もう治りにくい年なのかもしれませんねー。子供たちにしっかりしてもらおうっと。


トラベラーズノートレギュラーサイズは通帳が何冊も収まりますよ~。