お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

平成28年度確定申告の準備

ご覧いただきありがとうございます。


1月になると確定申告の準備があるのでソワソワします。

サラリーマン家庭ではありますが、うちの場合マンション収入があるので毎年ちゃんと確定申告しています。といっても税理士に任せきりで書類を用意するだけなんですけどね。

平成28年度に準備した書類は3点


今年度はサラリーマン家庭のうち場合でも、次の3点は確定申告の準備をしておく必要がありました。

①医療費控除。1/1-12/31の間に10万円以上の場合
f:id:seabird-kitty:20170127115904j:plain

およそ14万円でしたので、領収書をまとめておきました。

ふるさと納税証明書
ふるさと納税は5団体以内の場合ワンストップ特例制度が適用できます。今年度は5団体以内だったので、全て各自治体に後日郵送するワンストップ特例制度を利用しました。手続きが各自治体で完了したのを確認して終了です。

③給与所得の源泉徴収票
うちの場合は夫の勤め先と法人会社の2件。


本来はここまで書類を用意すれば後は税理士が申告してくれてますが、今年度は特定口座で株取引をしていたので、念のために証券会社が発行する年間取引報告書をチェックしてもらうことにしました。合わせて銀行の解約した投資信託の取引報告書も。マイナスで解約してるのでお金が帰ってくると嬉しいです。


お金を整えると税金を取り戻したくなる

毎年税理士に見てもらってたくせに、医療費控除の申請がめんどうで恥ずかしながら今年度がはじめての申告です。今までは領収書を管理し、集計するという作業が戻りを上回る精神的負担、とめんどうくささが勝ってました。ひどいもんです。領収書を取ってもいませんでした。

今年度は医療費申請用の保管用ファイルを作り、領収書を全部放り込んでおきました。やっぱりそこからまとめて集計するのはめんどうでしたが、1円でもお金が欲しい!との思いで作業できました。

私はブログをはじめてからこれまで家計簿を毎日付け、毎月無駄を見直し、お金と向き合ってきました。そして自分とお金とのつきあい方がわかってきました。やがて自分の意思では節約することのできない税金に興味が沸くようになりました。今となってはお金は1円でも大切だとよーく分かります。どうやらお金が整うと1円でも税金を取り戻したくなるようです。

確定申告をすることで、もしかすると節約を上回る効果があるかもしれません。めんどうとは言ってられないです。

医療費控除の申請用紙は国税庁のHPからダウンロードもできます。もし私みたいに今まで領収書を捨ててしまっていたら、来年度分はまだ始まったばかり。今後かかった医療費はファイルに保管してみることからはじめてもいいんじゃないでしょうか。毎年もちろん確定申告やってるよーという方はホントに尊敬してマス。

広告を非表示にする