読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

【お金を使う楽しみVSお金を貯める楽しみ】家族の楽しみのためにスキー旅行の費用を捻出する

お金を整える

ご覧いただきありがとうございます。

クリスマスが終わり、街はすっかりお正月を迎える準備で厳かな雰囲気ですね。


わが家はクリスマスに行ったスキー旅行を無事終えることができました。私自身寒いところに行きたくないのに行く義務感というのはかなりのストレスです。それでもスキーを子供に教えることが夫の教育方針なので今は協力することが最優先だと思っています。

スキー旅行にかかった費用は家族費


今回も宿泊は知人の別荘をお借りしたので、日程は4泊5日でしたが宿泊費はかかってません。(謝礼は年に数回、後日)

かかった費用は移動代、食事代、2日間のスキーレンタル代・リフト代、お土産代で合計8万7千円でした。
今回は予算を10万円にしてたので、1万7千円が余りました。後日謝礼もするので、余った分はひとまず銀行口座に戻すことにします。
来年もスキー旅行は余裕をもって10万円の予算を組むといいかもしれません。

f:id:seabird-kitty:20161227133858j:plain
私自身はスキーに費用をかけるのはぜいたくであり不本意ですが、家族がお金を使って得られる楽しみであればきちんと予算を取って、叶えてあげられる家計をつくることも家計管理のシゴトの一つだと思ってます。旅費というより家族費という感覚です。


2017年の1年間にかかる旅行予算


年に2回行っていたスキー旅行を家族に納得してもらって1回にしたので、わが家が行く旅行は年に3回になりました。

1回の旅行につき10万円の予算を組むと「足りなくなるのでは」という不安もなく懐が豊かに安心して過ごせることが分かりました。余らせるという目標も楽しく、達成した充実感も味わえます。

過去記事
kiwameru2016.hatenablog.com
kiwameru2016.hatenablog.com

2017年は年間で3回の旅行費を30万円で組んでいます。予算を組んでしまえば旅行でお金を使うことに伴う感情はいらなくなります。


お金を使う楽しみVSお金を貯める楽しみ

お金を使うことは楽しいです。

f:id:seabird-kitty:20161227134026j:plain
ストレス発散にコンビニでお菓子とワインを買う。何か目新しいことが欲しくなったり、落ち込んだ時に新しい生活雑貨を買うと気分が良くなってる。ちょっと気分転換にスタバで本を読みながらコーヒーを飲んでいると何だか楽しくなる。いつも買うスーパーよりお高いけど、お高いスーパーでこじゃれた料理を一品作る。デパ地下のパン屋でバゲットを奮発する。
いつもより少しお金を使うだけで一日の景色が鮮やかに見えるくらい心が弾むものです。


そしてお金が貯まるのが楽しくなるのは、予算より少ない金額でやりくりが出来た時です。
毎月の予算では生活費はなかなか余ることが少ないのが今後の課題ですが、口座残高が増えていくのはお金を使うことと同じくらい心が躍ります。

お金を貯めるということは、毎日続く日常の小さな出来事が積み重なっての結果だとつくづく思います。家計を締めることが『ガマン』と思ってしまうとくじけたり、反動でストレス買いをおこしてしまうので、小さな達成感を得られるよう何かしら工夫をする必要性を感じます。小さな達成感はそのうち記事にしたいですね。


私はお金を使うこと、貯めること、どちらも楽しく好きです。ただどちらかに気持ちが偏ってしまうと、お金を使うこと自体が苦痛に感じたり、貯められないと自分を責め罪悪感を持つことになると思うのです。わたしがよく陥るのは『だから貯められないんだ…』という罪悪感と劣等感。この劣等感とさよならできるように、家計簿をつけ、締めるところ、緩めても大丈夫なところを見つけて堂々とお金を楽しんで使い、貯まるのを楽しみにしたいです。