読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

【家計簿】2016年10月分公開と年末年始予算

家計簿

ご覧いただきありがとうございます。

11月も終わりに近づき、もう年末年始の準備に忙しくなりますね。

クリスマス、旅行、お年玉と大金も楽しみと同時に飛びますが、10月給料の使い方の振り返りと共に年末年始の予算も立てていきたいとおもいます。

10月は臨時出費で赤字

10月分の家計簿はこの月だけでみると苦しいものとなりました。

残念ですが、ブログ紹介に記載の目標額を四捨五入して-5万円に変更しておきます。


メイン口座10月残高 メイン口座11月残高
¥1,573,458 ¥1,547,031

収入 収入金額
給料 ¥367,568
家賃収入 ¥55,469
他収入(パルシルテム積立返金)¥9,720
合計 ¥432,757

今月の貯蓄額¥-26,427

支出の項目支出 全体の割合
食費 ¥81,160 18.8%
生活日用品費 ¥8,701
水道光熱費 ¥14,793 3.4%
医療費 ¥36,390 8.4%
通信費 ¥8,651 2.0%
生命保険料 ¥14,760 3.4%
自動車関連費(駐車場代) ¥30,000 6.9%
教育費 ¥41,980 9.7%
交際費(食事代) ¥3,815 0.9%
娯楽費 ¥7,948 1.8%
小遣い(夫30,000円 妻15,000円) ¥45,000 10.4%
その他(タイヤ60,000円ふるさと納税ほか) ¥111,270 25.7%
支出合計 ¥404,468 93.5%
預貯金(教育費積立込み) ¥30,000 6.9%
合計 ¥434,468 100.4%

10月分家計の反省と振り返り


食費が2万円も余計にかかりました。

これは、神戸屋11月キャンペーンのスタンプラリーでパン代が8,000円かかったのと、野菜価格高騰分と節約の油断によります。来月分から通常かかる食費60,000円の±3,000円に戻したいと思います。(夫がスタンプラリー好きで神戸屋を求めてJR各駅回ってましたよ~。私の顔がひきつってましたが、楽しかったようでよかったです。)

医療費は人間ドック代込み。でもまだあと半年くらいこのペースでかかりそうです。歯医者こわいしきらい。

その他のスタッドレスタイヤ買い替え代とふるさと納税は先月から織り込み済みです。ふるさと納税は先払いなので、来年度から回りはじめるので今月の出費になるとだけ捉えないようにします。

全体では食費を引き締めていれば赤字にならなかったかもーとタラレバ反省。


年末年始の予算と来年の貯蓄目標額


12月にわが家は数日間スキー旅行に行きます。予算は8万円ですが、家族の気分次第で旅行の日にちが伸びるので、最大+2万円の10万円で組んでおきます。

また、クリスマスプレゼント、正月のお年玉、私の実家への帰省代で5万円。

合計15万円をわが家の年末年始の予算にします。もちろん余らせる工夫をします!!いや、なんとか余らせます!!その分はもちろんいそいそと銀行口座に振り込みますよ。


年末調整は全額夫の懐に入ってしまうし、ボーナスなんてないから来月も赤字です。ぜーんぜん今年中に貯蓄目標残高800万円なんてなりません。予算を計算に入れない計画はあてにできませんね。

そんなアホな皮算用したことを反省。

年間を全体でみてみようとわが家の年収から毎月の生活費、教育費貯蓄、税金、旅行費、家電買い換え予備費を差し引くと、なんと年間で50万円しか貯蓄できないことが分かりました。


結構衝撃です。



まだまだ家計を整える日々は続きます・・・油断なんて禁物ですね。

これで病気でもしたら貯金さえできなくなるので、来年はお金に加え、からだをしっかり整えていきます。




そういえば、かなり出遅れてますが、ドラマで『逃げるは恥だが・・・』が話題なので、アマゾンで1巻試し読みしたら面白くて、思わず一気読みしてしまいました。あー、今月のお小遣いみんなつかってもうたーー。でも、主婦としてめっちゃ共感!!家事労働に対価が必要と考える主人公と、私たち夫婦に重ねる部分があったり、断捨離に触れたり、ネットショップのしくみについて触れる場面では新しく発見もありました。ドラマも見てみます。(いつだ?)ドラマではガッキーが主人公ですよね。かわいくて、好きな女優さんの一人で楽しみデス。


アマゾンの1巻無料試し読みに何度ひっかかったことか・・・(苦笑)

よい一日を☆