お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

生涯労働の仕組みはいつ作られた?

ご覧いただきありがとうございます。


きのうは私の母と共に60代の親戚と会ってきました。



f:id:seabird-kitty:20161030071220j:plain



私の親戚で両親世代は皆働き続けています。

でも内心は「こんなはずじゃなかった」と憤ってます。

というのは、彼らの両親世代は今もゆとりある年金を貰えているからです。


婚家側親戚もよく年金の少なさを話題にしてます。

彼らは年金額が減ることをもっと早い段階で知ることはできなかったのか、

何か対処する方法はなかったのか、

聞いていて思いますが、

どうも愚痴を言うことでスッキリするようです。

根本的なことを考えるゆとりがないようなので、

私は聞き役に回るべきなんでしょう。



これから彼らが生涯労働を抜け出す方法はないのか?

知りたいところではあります。

でも生活パターンを見ると収入と同じだけお金が出ていく仕組みが作られているように思うんですよね。

私なんかが人様のお金の使い方に口出しすべきでないんでしょう。


専業主婦というだけで親戚にまで恨まれる現状を受け止め、

これが世の中なんだと自分の立場の甘さを実感しました。


元気でいてください、精一杯の応援です。


明日は我が身。

老後まで20年の時間を生かして頭を働かせましょう。


よい1日を☆