読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

将来設計をして資産形成してみる

暮らしを整える

ご覧いただきありがとうございます。

将来設計というと苦手意識が出て、思考が停止してしまいます( >Д<;)

だけど、ここをクリアしないと明確な資産が築けないんでしょうね。

今回を機に時々見直しながらその都度考えていきます。


f:id:seabird-kitty:20161010094623j:plain

年金だけで暮らすのは無理な未来

資産形成の必要性は理解できます。

では何のために、というとサラリーマンであれば収入がなくなったとき、

つまり定年退職後に暮らしていくお金が必要です。

老後には2000万円あれば大丈夫、とか5000万円あればいい、

とか色々と聞きます。

でもいくら質素に暮らし倹約していても、

年金と貯金だけでは目減りしていく恐怖が考えられます。

そこにわずかでも収入があれば精神的に助けれることと思います。

私たちが年金を受給する頃にはほとんどあてにならないと皆が思うように、

私も補助金くらいにしか思ってません。

不労所得を増やす

収入を得る方法は働く、のが一般的でしょう。

でも何十年とサラリーマンをして、ようやく定年退職を迎えて、

お金が足りないからアルバイト、じゃあ夫に気の毒です。

もちろん私も働いてもいいと思います。

でも不労所得があるんだったらそれに越したことはないです。

そのために資産形成をするのが将来設計なんでしょう。

『お金にお金を生んでもらう』のは、

婚家で目の当たりにしてきた私にとって当たり前の事実です。


  • では、いくらを目標に不労所得を増やしたらいいのか?
  • 何の投資を行うのか?

今のところつかめません。

でも意識をすることで情報が集まってくるでしょう。


一応夫の年収を退職するまで最大限貯めながら、

自分貯金で分散投資を勉強して

時期をみて投資をはじめていく、という方向性で考えています。


f:id:seabird-kitty:20161010110150j:plain

将来を考えるのも案外楽しい☆


kitty