読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

初心者が投資で債券を持つとどうなるか。

お金を整える

ご覧いただきありがとうございます。

私は証券会社デビューをして株取引を始めましましたが、ある本を参考にこれから債券の購入をしようと思ってます。

その本では分散投資する場合、日本株、外国株、日本債券、外国債券を組み合わせることを勧めています。

私も債券とやらに興味があるので分散投資をするなら株の他に債券を持とうと考えてます。

f:id:seabird-kitty:20160912064940j:plain

債権とは?

株はつい最近デビューしましたが、義理祖父がアドバイザーで初心者の私のサポートをしてもらってます。

でも債券はアドバイザーが身近にいないため全く未知の世界です。

債券は株よりさらに遠い世界で、初心者にはよく分からないので調べました。

wiki引用

債券とはおおまかに、社会的に信用のある者の発行する借用証書の一種と考えれば分かりやすい。債券の発行という行為は、発行体から見た場合には借金(債務の発生)に当たり、債券の購入者から見た場合には資金の貸し出し(融資、債権の発生)に当たる。債券は有価証券であるため他人への譲渡が可能で、償還期限前に現金化することができる。また、償還期限まで保有すれば券面の金額を受け取る(償還=返済される)ことができる。

参考にしている本では、債券と株価は逆の動き、つまり債券が上がれば株価が下がり、債権が下がれば株価が上がるらしいです。

そのため、リスクを軽減し、心理的負担を減らしてくれるそうです。

年収200万円からの投資生活宣言

年収200万円からの投資生活宣言


債券の商品が意外とびっくりするほど多い

wikiによると、債券の商品は株より多いそうです。

うーん、しばらく保留にしたくなる・・・(面倒になると出る私の癖)

証券会社で販売している債券は、各企業により販売時期が異なるので欲しい企業があればどの証券会社で販売するのか、時期と合わせて下調べが必要ですね。

でも日本債の場合最低販売価格が100万円などと規模が大きく、とうてい初心者の私向きでないです。

しかも私が債券で運用できる金額は日本債20万円、外国債20万円ですから。

個人向け国債なら5万円から販売してます。

期間も最低3年で、この先数年で日本が破たんすると思っていないので安心感が持てます。

利率が0.05%なので、定期預金より確実に預けるより増えますね。

それと債券を組み合わせた投資信託でインデックスファンドというものがあります。

500円から積立ができる商品もありますし、手数料が無料の商品もあるようです。

私みたいに少額で債券を始めたい場合は個人向け国債か、積立タイプのインデックスファンドが初心者でも始めやすそうですね。


さて、外国債となると更に遠い世界ですね~。

米国社債なら知ってる企業も多いので調べると、購入単位は1000米ドルや2000米ドルと

予算の20万円で買える債券があります。

でも長―――い期間の契約で30年、40年債の商品があります。

それでも途中で解約ができるので、時価になりますが売れるようです。

例えば10年保有して、円安になった時に売れば、利払いと購入時との差額で殖やせることも可能では。

20数年ドル円相場を見てきた私としては購入意欲がそそられます。

リスクとリターンのバランスが自分に合った商品を選ぶ

分散投資をおススメするのは私も本の著者と同じですが、

やはり債券は金利動向によって債券価格が変動するリスク、発行体の倒産等で元本・利息が支払われないリスク等

初心者にはよく分からないリスクが高く投資対象として難しいことが分かりました。

私の場合大きく増やす必要はありませんが、元本を減らすことだけは避けたいです。

もし私が債券を持った場合、個人向け国債ならリスクにおびえず安心して過ごせますが、社債は賭けになります。

投資はリスクとリターンが裏表なので、自分が安心してお金を預けられる商品選びが大事だと思っています。

その上でよく考えて勉強してから債券を選びます。(←結局初心者が債券をもつとどうなるかという好奇心には勝てません)



最後までお読みいただきありがとうございました。

kitty