読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

投資家に必要な決断『損切り』をした感想

いつもご覧いただきありがとうございます。

前記事で『円安に動いてる』と言ったそばから円高に動いてました。

無責任な発言をしてすみません💦

そんなこんなで、円高に動いたことを知って

私ついに『損切り』体験を初めてしました。

f:id:seabird-kitty:20160905190248j:plain

損切りは投資のリスクをカバーする

資産運用銀行で始めた年中赤字の米国株の投資信託の評価額を見てみました。

まだ円安時のレートを使ってくれてる!!

評価額は-6,570円

私が知る限り最近ではマイナス額が小さい方です。(ある時はマイナス13,000円台でした)

米国平均株価も高いし、円安レートだし、換金するならこのタイミングを逃す手はありません。

ポチッと解約ボタンを押して、ようやく利益の出ない投資信託から解放されました!!

ここでいう初心者がする損切りとはですね、投資した金額の10%までなら損したうちに入らないリスク軽減方法だそうです。

Wikiより

損切り(そんぎり、ロスカット、Cut Loss)とは、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定すること。株式や先物取引外国為替証拠金取引(FX)など相場や、不動産投資などの用語として用いられる。

投資の後に評価額が下落した場合、難平や塩漬けするとさらに下落が続いて損害が拡大する可能性がある。撤退するための明確な根拠を持って早めに損切りを行うことは、損失の拡大を防止し、資金を守る方法として重要といわれる。

損切りした資金は運用資金へ

眠っていたお金を起こした気分です。

起こしたあとは働いてもらいましょう♪

今回損切りをした投資信託は合計13万円払いました。

マイナス6,570円で口座に戻ってくるので、

残念ながら減りましたが123,430円が私の働くお金予備軍になります。

損切りを含めてこそ投資といえる?

私が今までしてきた無駄遣いを考えると人生41年ですが、もはや数百万から数千万円に達するように思えます。

それは浪費家だった私の無駄遣いとイコールで結べる多くの経験を買ってきた代金ともいえます。

そんな多額の経験金額に比べれば、6,750円は経験値アップするためのわずかな勉強代。

私の経験値がアップすればお金が働いてくれて、ちゃんと取り戻せます。

投資って目に見えないけど損切りを含めるとぼんやりと形が見えます。

うまくいえませんが、一口に「損する」「儲かる」ことだけが投資ではなく

『モノではなく会社の未来を買う』ことが自分が思う投資だと思いました。



損失含めても今は自分の思う攻め時。

【今回買った銘柄】

米国株 ウォルトディズニー ← 持ってるだけでコレは何か嬉しい☆債権も欲しいな💛
日本株 ネクスト (日本株はこれでマックス20万円分)


最後までお読みいただきありがとうございました。

kitty