読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

『私のお小遣い』を整える

お金を整える

私は結婚後、自分のおこづかいの適正金額を模索してきました。

家庭によっておこづかいの有無もありますし、

知り合いの奥様に

「旦那の給料はすべて私のおこづかい」

と豪語する強者もいます。

そうやって人の話を聞きながら試行錯誤して

おこづかい金額を増やしたり、減らしたりしながらたどり着いた

「コレが適正金額だ!」

と思えるおこづかいを

私は旦那の給料からありがたくいただいてます。

 

私のおこづかい金額と使用内容


我が家の家計では1万5千円を妻費にいただいております。

ちなみに旦那は月によって3万円~5万円です。

私の使用明細は

まず1万円をカード引き落とし用の私名義の口座に入金します。

残り5千円は日用雑貨や美容院代、被服代になります。

そして3~4ヶ月ごとにカード払いで洋服を買うので、

毎月積み立てている1万円はざっくり使って消えてました。

家計だけでなく当然おこづかいもざっくりズボラです。

でも家計を整えるなら、おこづかいだって整えますよ。

 

1万円の使い方を変える


今のお金の使い方だと

季節ごとに衣服代を3万円かけていたことになります。

というのも消耗すると洋服は処分してました。

すると季節ごとに買い換えになります。

これは断捨離で行き着く先ですね。

少ない洋服を着回して、飽きた頃消耗してるから迷わず捨てる。

そして新しい服を買い、身に付ける。

「気持ちいい~」

翌シーズンの服がないからクローゼットはガラガラ。

「満足、満足~」

 

じゃなくって、

3万円全てを使いきらず、

一部を『投資資金』に回す工夫をしたいというお話でした。

 

どうしたら『投資資金』が生まれる?

 

おこづかいは先取りで投資用口座へ


なんということでしょう、

私、今までざっくりカード払いで使った洋服代も把握してません。

こんなズボラな私にカード払いはキケン。

この際カード払いは辞め、

手元に1万円5千円を置いてやりくりします。

ただし、余ったら投資に回すとか考えず

少額ですが毎月3千円を先取りで投資用口座に入金することにします。

 

洋服とのつきあい方も、

また考え直して

向き合わないと。1893130

そしていつまでも旦那の給料からおこづかいをもらってないで、

おこづかいくらい自分で稼ぐようになりたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

kitty

広告を非表示にする