お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

証券会社は敷居が高い?

証券会社の口座開設をするにあたって感じた感想です。

 

まず初心者にとって敷居の高さを感じました。

  1. 数多い証券会社からどこを選んだらいいのか。各社の違いは?
  2. 口座開設の申し込み事項の多さ、煩雑さ。
  3. 申し込み事項にある専門用語の多さ。

実店舗のある銀行口座しか持っていない投資素人には

やっぱり無理かも、

と申し込みを辞めてしまいたくなる質問がある会社もあり

ネット証券会社とはいえ、証券会社からイメージしていた

「上場会社に勤めていて資産がたくさんないと口座開設審査通らないよ」的な

閉鎖的な世界を会社によっては感じてしまいました。(ひねくれた素人でスミマセン)

 

私が口座開設した会社の敷居の低さ順です。

  1. 楽天証券
  2. SBI証券
  3. 松井証券

松井証券は株式で一財産をつくった義理祖父の薦めで口座開設手続きしました。)

口座を複数持つことは本意ではありませんが、

素人ながら今後購入する商品を比較していきます。

 

投資は自分が興味のある分野で少額から


私の嫁入り先である旦那実家は投資一家です。

長年の成功や失敗からノウハウを伝授してもらえます。

でもやはり、興味のある株式銘柄に特化しているに過ぎません。

もし伝授してもらっても自分でつかんだ勘ではないので、

この先ずっと売り買いするタイミングを教えてもらわないといけません。

投資の本で少々勉強しても、著者の好みを薦めているように見えてきます。

誰かの話を鵜呑みにすると

銀行から薦められて契約するのと変わりがなく

私には投資事体の魅力が半減して色あせてみえます。

OL時代にいた部署で取り扱っていた外国為替から外貨に興味を持ち

外貨預金なら始めてみたいと思ったように、

きっと何か動機付けできる身近に感じる商品が一人ひとり違ってあるように思えます。

投資で失敗した話を聞くと

初心者であるが故証券マンから薦められた一括投資で損を抱えているため、

他に運用できないストレスから投資を辞めてしまったり、

損切りできずに目減りした資産を保有しつづけてます。

私の経験からも一括投資をするのは初心者にはリスクが高く、

投資の楽しさを味わいにくくさせます。

ということは、皆さんはとっくにご存知でしょうが

初心者は少額を投資に運用してみるのが正解なんでしょう。

 

人に左右されないブレない自分軸をつくり育てていく


「投資は自分育て」である

初心者が始める投資本にありました。

人の成功談、失敗談は投資生活に影響を与えます。

たくさんの情報があってこそ有利に働く世界。

でも情報が人一倍あるからといって100%の成功は約束されていません。

人は人、自分は自分。

投資時期も投資金額も違います。2097134

人の話や証券会社のキャンペーンを鵜呑みにせず一旦冷静になって、

多くの情報から選択し、成功や失敗から多くを学ぶ。

そうやって自分を育て、

ブレない自分軸をつくっていきたいです。