お金を極める暮らし

お金を整えるシンプルライフブログ

増えた収入の使い道

ご覧いただきありがとうございます。

ダブルインカム家計では収入をどのように回すのが一番効率的かを考えます。


仕事をはじめて1ヶ月が経過していますが、実際に最初の収入があるのは4月の下旬。おあずけ期間が長い!
月末まで働いた分が確定したのを機に、使い方のプランを明確に考えていくことにします。

ダブルインカムは贅沢ができる?

貯金を最も重視している家計で一番やってはいけないのは、収入が増えた分贅沢をして経費を膨らませること。つまり、収入に比例して出費が増え、生活レベルが結果上がることだと思っています。

もちろん生活レベルが上がると外食や娯楽と楽しいことも増えるし、そのぶんますます仕事への気合いが入るかもしれません。普段行けないような国内旅行や海外旅行だって、ダブルインカムになれば行けてしまえるから働く励みになります。私も内心そのようにアクティブに過ごすご家庭が羨ましいです。

しかしながら、本当にそれでいいのでしょうか?

一度生活レベルが上がるとなかなか下げることが難しくなるようです。
なぜかというと、身近にいる友人や親戚をみていると、収入をあてにしたローンや教育費、お付き合いを必要経費にしてしまいます。これが生活レベルを上げる要因だと思えますが、毎月の経費として組み込まれてしまうと、もはや仕事を辞めることができなくなります。ホントはもう仕事を辞めたくても、辞められないことにそこで気がつくのです。仕事が辞められないとなるとストレスになって、働く知人の多くが病気を訴えています。そして「お金が足りない」と口にします。

そういった周囲の状況から、世帯収入が増えた場合、生活レベルを変えないことが必要だと学びました。

お金を使うのは楽しみのひとつ?

自由に使えるお金があると、何に使おうかとワクワクするのは団塊の世代団塊ジュニアの世代の特徴なのでしょうか?

その世代の知人との会話で、アルバイトや株などでわずかに収入があった話をするとします。その場合、そのお金で何を買うのか聞かれたり、その収入で子供たちを焼肉にでも連れていってあげなさい、などのアドバイスをされることがよくありました。
自分のスタイルがなかった頃は、当然アドバイスどおりに喜んで消費にあてていました。

臨時収入などで必要経費ではないお金を使えるのは、とても楽しいことです。自分が豊かに、大きな存在になったようで、自由を感じられます。モノにしても、経験にしても、お金を使って何かを得たい欲求があるから経済社会が回っているのでしょうね。

今後はその消費への欲求を、お金自体を増やすことに向けてはどうでしょうか。
自分が実践してみて思うのは、お金を使うのは容易い。お金を増やすことは何倍も難しいということです。そもそもが消費思考なので、お金を使わない、貯める思考に変換することが大変でした。今もまだまだお金を使いたい、例えばあれがあればもっと○○になれるのに~、や子供と行けるうちに○○に行っておきたいなんて欲求とは格闘中です。

投資などの不労所得で手応えを感じはじめるようになれば、お金を増やすことが楽しみになる日もくるのでは。そのために今から必要なお金の勉強をすることはいずれ実になるはずです。

お金を使う欲求を先送りにすることで、経済的自由を得られるまでになるかもしれません。それは、これまでとは違った世界が視界に見えてくることを意味するのではないでしょうか。
そんな違う世界を知りたい欲求を持って、増えた収入は使わない選択をすることにしました。

今後の家計簿

収入が増えるといっても今のところ扶養の範囲内です。年収で103万円までとたかがしれています。
世帯収入としてみるならばどのようにやりくりするのが一番いいのか、よそさまの家計簿も参考にしつつしばらくの間手探りになります。
今のところは収入を最大限に活用したいならば、投資にあてるのが有効だと考えています。

妻の収入の一部は被服、美容、勉強のためのお小遣いにあてると、これまでお小遣いを経費にしていた家計が少しスリムになることが実感できます。私の収入にかかわらずメインの家計も経費が小さくなったまま維持ができ、貯蓄が増え、投資額が大きくなる構造です。

やってみないとわかりませんが、このようにしてお金を増やす挑戦を続けていきたいです。




こだわりの強さはお金を失うことに比例。。。自戒
f:id:seabird-kitty:20170409115509j:plain